個人的にめちゃくちゃ効果のあった、自然派デオドラント「ミョウバン水」をおすすめしたい

男のスキンケア
スポンサーリンク
突然ですが、あなたはご自分の体臭が気になりますか?

こんな事書くのは恥ずかしいけど、僕は30歳を超えてから、徐々に気になりだしました。

 

体臭が気になりだしたあなたにおすすめしたいのが、

 

めちゃくちゃ安価で手作りできるデオドラント剤「ミョウバン水」です!

「あれ?なんか自分臭いな…」って思うタイミングと箇所は、

 

  • 起き抜けの瞬間に感じる、原因のわからないモヤッとした臭い
  • 夕方頃、ふと感じる脇の臭い
  • 帰宅時、靴を脱いだ瞬間に立ちのぼる足の臭い

だいたいこの3点でしょうか。

 

営業職は様々な人に会うので、身だしなみ超大事です。最近はスメルハラスメントなんて言葉もありますし、取引先の方に、

 

「あれ…?この人ちょっと臭い…?」

なんて思われたらエライことです。

 

しかしながら、世にある「メンズスキンケア商品」ってけっこうお高いのも事実。

 

そこで、あまりお金を使わずに気軽に体臭対策できるものはないかと検索してみると、「ミョウバン水」なるものを見つけました。

 

 

今回は、僕が実際にミョウバン水を使ってみた効果をお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

30代が気にすべき男の体臭は加齢臭じゃなくて「ミドル脂臭」

本当に30代になると、男の体臭はきつくなってしまうものなのでしょうか?

 

30代の男性が臭くなるのは、よく言われる「加齢臭」でなく、「ミドル脂臭」というのが原因だそうです。

 

「ミドル脂臭」とは、3〜40代の男性強く出てくる体臭で、不快な脂っぽい臭いの事。この臭いの原因が「ジアセチル」という成分。主に後頭部やその周辺、首筋あたりに発生するそうです。

 

「加齢臭」が耳の裏から強く発生するのに比べて、「ミドル脂臭」は後頭部から首の後ろにかけて強く発生します。

 

この「ミドル脂臭」という原因成分は、ギャッツビーやルシードでおなじみのマンダムが解析・解明したんだそう。2013年の事なので、割りと前ですね。

 

マンダム公式の資料にも、詳しく書いてあります。

 

>>> マンダム、ミドル男性に発生するニオイ成分を特定

 

ミドル脂臭は、最も女性に嫌われる臭い

 

女性は男性よりも嗅覚が鋭いんですって。勘もやたら鋭いけどね。

 

女性がミドル脂臭を嗅ぐと、臭くて吐き気を催すくらい不快に感じるんだそう。そんな臭い男が、職場で同じフロアにいたらあんまり近づきたくないですよね…。泣きそう。

 

で、なんでミドル脂臭だけがそんなに女性に嫌われるのかというと、女性はミドル脂臭に対して免疫がないんだそうです。

 

「男の汗臭さ」は共学の学校に通っていた女性や、若い間にお付き合いされた事のある女性はきっと嗅いだ事があるので、ある程度の免疫があります。

 

「加齢臭」についても、小さい頃からお父さんやお爺さんと接する事により、その臭いを嗅いだ事があり、結果ある程度の免疫がつくわけです。

 

しかし、3〜40代男性の後頭部から発生するミドル脂臭については、今までの人生で嗅いだ記憶がほぼなく、免疫がない状態。

 

女性に取って今まで嗅いだ事がない、臭さ。それが「ミドル脂臭」の恐ろしさです。そんな慣れてないミドル脂臭を、混み合った電車やエレベーターなどの狭い空間で嗅いでしまったら…想像するだけで恐ろしいですね。

 

妻に言われた「あんた脂臭いで」の原因は、ミドル脂臭だったのかも

ここまで書いて、僕もハッとしました!

 

そういえば、朝に寝癖直しでドライヤーを使うと、そのあと洗面室に入った妻から、

なんかめっちゃ脂臭いけど…昨日お風呂で頭ちゃんと洗った?

と詰問された事が何度かありました。

 

そうか、起き抜けに感じるあのモヤッとした臭いもこの「ミドル脂臭」のせいだったのかもしれません。

 

ミドル脂臭の恐ろしいポイント、それは自覚にしにくい事。

 

ミドル脂臭には、まだ恐ろしいポイントがあります。

 

後頭部という男性自身からはまったく嗅げない所から臭いが発生するため、自分自身で臭いに気付きにくいんですね。

 

起き抜けの枕チェック、運転していた車のヘッドレストなど、事あるごとに確認してみたほうがいいかもしれません。

 

ミドル脂臭怖えぇ。

 

体臭に効果抜群のミョウバンとは?

 

さて、やっと「ミョウバン」の出番です。

 

そもそも、ミョウバンは、「なすびの漬物の色落ち防止」や「麺のかんすい」などに使用する食品添加物です。

 

ちょっと難しいですが、

 

硫酸アルミニウムと、アルカリ金属やアンモニウムなどの硫酸塩との化合物の総称

 

です。

 

昔から、制汗や防臭剤として利用されており、古代ローマ人も制汗剤として日常的に使っていたのだとか。まさに自然のデオドラント剤!

 

 

古代ローマ人も体臭を気にしていたのか…と思うと、人間って変わらないんだなあとしみじみしてしまいますね。

 

500mlペットボトルで作る、簡単ミョウバン水の作り方

お待たせしました。こちらでは、500mlのペットボトルを利用して、簡単にミョウバン水を作る方法をご案内します。

ミョウバンを用意する

 

ミョウバン水の作り方は非常に簡単です!

 

用意するものは、たったの3つだけ。

 

  • 焼きミョウバン 30g
  • 空のペットボトル(500ml) 1本
  • スプレーボトル 1本

まずは、ミョウバンですが、ご近所のスーパーの乾燥物コーナーに置いてあると思います。30gくらいの小袋に入った「焼きミョウバン」を購入しましょう。

 

だいたい100円前後で販売されていると思います。

 

もしご近所のスーパーになければ、Amazonか楽天ですぐに発見できると思うので、サクッと注文しちゃいましょう。

 

お漬物を漬けているようなご家庭であれば、お母さんに聞けば出してきてくれるかもしれません。

 

500mlのペットボトルを用意する。

 

こちらはなんでも良いので、500mlの空ペットボトルを用意しましょう。ここで一つだけ注意点があります。

 

ミョウバン水に使う水は、ミネラルウォーターではなく水道水を使用します。

なぜなら、水道水には消毒のため塩素が入っています。その塩素が、ミョウバン水の劣化を防いでくれるんです。

ミネラルウォーターが入っているペットボトルの場合はそのまま使うのではなく、飲みきってから、ミョウバン水用にお使いくださいね。

 

空のペットボトルに焼きミョウバンを15g入れる

 

空のペットボトルに焼きミョウバンを15g入れましょう。

 

焼きミョウバンは白い小粒の結晶体です。さらさらとしていますが、スプーンなどで移そうとすると、ペットボトルの口の脇からバラバラバラ…!っとこぼしてしまう場合が多いです。

 

いらない紙があれば、くるくると丸めて漏斗代わりにすると、焼きミョウバンをこぼさず綺麗に入れる事ができますよ。

水道水を500ml、ペットボトルに入れて混ぜる

 

ペットボトルに500mlの水道水を入れたらシャカシャカと振ってある程度混ぜます。

 

白い結晶体がきらきらとしていて綺麗です。このまま一晩寝かせましょう。翌日には綺麗に溶けきって、透明になっていると思います。

 

なお、焼きミョウバンは白い結晶体ですので、水道水のみで溶かす場合は1日ほどかかります。すぐに溶かしたい場合は、ペットボトルが溶けない程度まで冷ましたお湯で溶かしてから、水道水を追加しましょう。

 

沸騰したお湯をそのままペットボトルに入れようとすると、熱で形が変形したり、こぼれて火傷してしまう危険性があるので、必ず冷ましたお湯を使う事をおすすめします。

 

これでミョウバン水の原液が完成!

 

さて、無事ミョウバンも溶け切ったでしょうか?でも、この液体をそのまま使うわけではありません。これはミョウバン水の原液です。

 

この原液を水道水で割って使うんですね。とんでもなくコストパフォーマンスの良いデオドラント剤です。この原液は、普段冷暗所に保存します。太陽光が当たる場所に置くと、腐敗が早くなってしまいますので、注意が必要です。

 

スプレーボトルを用意して30倍に希釈する

 

個人的には、頭を押さえて噴射するタイプのものより、引き金型?のように、指で引いて噴射するタイプのほうが、指が疲れなくて好きです。

 

しかし、100円均一のスプレーボトルでは、頭、首筋、脇などけっこう大量に噴射するので、プッシュ(プル)する部分が重かったり、いまいち使い勝手が悪い事があるかもしれません。

 

少し値は張りますが、ちょっと良いスプレーボトルを用意しておくと、ストレスを溜めずに消臭効果を楽しめるかもしれません。

 

スプレーボトルに、ミョウバンの原液を30倍にして薄めます。もちろん、原液を薄めるのは水道水です。

 

この時、消臭効果を高めようとして、「濃い目」に作ってしまわないように注意が必要です。ミョウバン水は酸性ですので、あまり濃い目に作ってしまうと、お肌が荒れてしまう事も考えられます。

 

どうしても臭いが気になるようでしたら、もう一本、スプレーボトルを用意しておいて、靴や洗濯物、スーツなどの消臭専用として濃い目に作っておくのが良いかもしれません。

 

頭、首筋、脇、足などの皮膚に噴射する場合は、必ず30倍以上に希釈したミョウバン水をお使い頂いたほうが安心です。

 

ミョウバン水を使って1週間。果たしてその効果は?

 

僕がミョウバン水を使いだしてから、かれこれ1週間経ちました。ミョウバン水をスプレーするタイミングは1日2回です。

 

  1. 夜、お風呂上がりに頭、首筋、脇、足にスプレー。
  2. 朝、出勤前に頭、首筋、脇、足にスプレー。

お風呂上がりの時は、身体を一通り拭き、髪の毛もタオルドライをしてからスプレーしてます。ミョウバン水をスプレーして、少し濡らしてからドライヤーで乾かしてます。

 

朝は、ミョウバン水のスプレーを寝癖直しに使ってます。シュッシュしてけっこう濡らしてから、タオルドライ→ドライヤーで乾燥ですね。

 

ミョウバン水を使ってから本当に頭が臭わない!

 

誰が一番驚いているか?それは妻です!

 

僕が毎朝出勤前にドライヤーを使った後、「臭いからイヤや」と洗面所に入るのを嫌がっていたのですが、ミョウバン水を使い始めて数日経った頃から文句が聞こえなくなりました。

 

起き抜けに感じていた、モヤッとした臭さも感じなくなりました。さらに言うと、枕に臭いがつかなくなりました。仰向けで枕に顔を埋めてもへっちゃらです。

 

ミョウバン水、脇の臭いへの効果は?

 

脇にも劇的に効果がありました!

 

普段なら、お風呂でしっかり洗っていても、夕方近くになると腕を上げたりする度に、むわぁっと汗臭さが漂ってきたりしていたのですが、ミョウバン水を使い始めてから帰宅時になっても脇の汗臭さが気にならなくなりました。

 

僕の場合、脇の臭さは特に運転中に感じていました。営業まわりで1日運転する日なんかは、運転で脇を閉じている時間が長いので、汗をかきやすかったり、臭いが発生しやすかったりしたのかもしれません。

 

そんな脇の汗臭い臭いも、ミョウバン水のおかげさまで、まったく気にならないレベルまで下がりました。(さすがに直接脇をにおぐと少し汗臭さはありますが…)

 

ミョウバン水、足の臭いへの効果は?

 

お次は、足の臭いへの効果です。

 

帰宅して、靴を脱いだ時のむわぁっと立ちのぼってくる臭さについては、若干軽減したような気もします。しかし、やはり足の臭いというのはなかなか手強いようで、「臭くない!」とは言えませんでした。

 

今回は、お風呂上がりと朝の出勤前に直接足にスプレーしていましたが、前述したように、濃いめのミョウバン水を靴専用スプレーとして、毎日帰宅後に靴の中にスプレーをし続けるというのも良い作戦かもしれません。

 

ミョウバン水のまとめ

ミョウバン水の作り方、効果など1週間ほどの記録でしたが、いかがでしたでしょうか?

 

ミョウバン水、頭の臭いには劇的な効果を発揮してくれましたし、脇にもある程度の効果が認められました。足については、これから靴専用の濃いめのミョウバン水を使用しつつ、もう少し継続して様子をみたいと思っています。

 

とにかく、頭の臭いが取れたという事は、ミョウバン水はあの恐ろしい「ミドル脂臭」に効果があるという事だと思います。これはすごい!

 

注意点

 

今回は、僕自身の身体を使ってミョウバン水の効果を確かめてみました。しかし、ネット上には「ミョウバン水は効かない」といった報告をされているブログ様やサイト様も見かけられます。

 

もしかしたら、体質によっても効果の違いが出て来るのかもしれません。もちろん、ミョウバン水がお肌に合わない方もいらっしゃると思いますので、お肌の弱い方、アレルギーなどの症状のお持ちの方のご使用には、くれぐれも自己責任の範囲内でお使いになる事をおすすめ致します。

 

コメント