ブログを始めたけどすでに挫折しそうな初心者の人!ちょっと待って!一緒にやろうよ。

ブログの運営
ブログを始めたけどすでに挫折しそうな初心者の人!ちょっと待って!一緒にやろうよ。
スポンサーリンク

青いきつね(@aoikitune3)です。

この記事は、僕と同じく

ブログを立ち上げて書き始めたけど、早くも挫折しそうや…

という初心者ブロガーの方々に読んでほしいです。

※半分以上、挫折しそうな自分に向けて書いております。

スポンサーリンク

ブログを始めて1週間。やっと5記事書けました。

さて、ブログを始めてちょうど1週間が経ちました。ブログの記事数は、5記事となりました。(この記事で6記事目)

ブログに一体何を書こう?から始まり、とにかく手探りで進めてきました。

1週間でまだ5記事しか書けてないのか…という焦燥感はもちろん感じてます。

でも!

この1週間、一体何を書こうか?と悩んだり、文章をまとめていく事に苦労しながらも、書き進めているうちに、

あれ何か楽しいぞ?

と気付く瞬間があったり、普段だったらそこまで詳しく知ろうとしない所まで調べてみたり…

と、なんだか非常に楽しい1週間だったんですね!

ブログ初心者だから、100記事書く前に挫折しちゃうかもしれない

とは言いつつも、まだまだ始めたばかり。

ブログで収益化を目指すなら、とりあえず「しっかりした記事を100個」が最低ラインなんだそうです。

あと95記事かぁ…気が遠くなるなあ…

初心者にはなかなかに遠い道のりですね。

しかし!

倒れそうですけど、世の中には非常に優しい方がいらっしゃいまして、僕のような初心者のブロガー(あえて初心者と書く)にも、きちんと順序立ててブログの書き方を教えてくださるんです。

ブログの書き方、100記事までの長い道のりの進み方については、クロネさんというブロガーさんが書いて下さっている、「クロネのブログ講座」に大変お世話になっています。

凄まじく感謝です。ありがとうございます。

ブログ初心者の悩み。「読んでくれる人」を意識して書くって難しい

たった5記事書いてみるだけでも、

読んでくれる人を意識して書く

という事がどれだけ難しいかという事を痛切に感じています。

情報を適切に出しつつ、読み手が理解しやすいよう順序立てて書く。頭ではわかる。わかったつもりになって書いているんですが、

意識すればするほど、

この書き方でいいのか?
他にわかりやすい言葉ないか??

ってそこで手が止まっちゃうんですよね。

ぼそぼそ数行書き出して、

ほんとにこの書き方でいいのか??と

考え悩んで手が止まる…。

そのうち、何書こうとしてたっけ…?

しばらくして思い出してハッとなり、

書き出して…また手が止まるの悪循環。

そんな事してる間に書く気も消え失せて、本当に自分に100記事も書けるんだろうか…?

ってかこんな事してても時間の無駄なんじゃないだろうか…(大げさ??笑)

ってな事を思ってくるわけですよ。僕だけかもしれないけど。

初心者の今、あれこれ気にしたって仕方ない!ブログ書いたらええやん

ただ、僕としては、初めて間もない「今の段階」でそんな事気にしてても仕方ないんじゃないか?と思うわけです。

ブログは、手紙やはがきと違ってリライト(書き直し)が出来るし、あとで見返して修正することができます。

万が一、

「あ、あかん。僕はこんな恥ずかしい事書いてたんか…!!恥」

って愕然としたとしても、最悪消せばいいんですよ!

だから、とにかく、ある程度の記事数が溜まるまでは、読みやすくとか、情報量を多めにとか、一旦端に置いといて(めっちゃ大事やけど!)

自分が書きたい事や物に集中して、夢中になって書いたらいいんじゃないのかと思います。

 

最初からきっちり型にハマってても、全然おもろくないやん。

好き勝手に楽しく書いて、あとで見て修正すべきとこは直して…みたいなんでいいと思う。

書いてる本人が楽しくなかったら、読んでる人も楽しいわけないもんなー。きっと!

というわけで、

「ブログ立ち上げたけど、なんかもう挫折しそうって人!」

そんなん言わんと一緒に楽しみましょう!

 

※大事な事なので2回言います。半分以上、挫折しそうな自分に向けて書いております。

それでは、また。

 

 

コメント